F2

 

TECHNOLOGY

DUOCAP-The Best of Two Worlds!

シェルかサイドウォールか?この問題はスノーボーディングの世界では、既に宗教戦争のようなものとして勃発していました。それはもうどの機能が良いかとかどこがスペック的に強化されたものなのかという問題ではありません。

答えはDUOCAPです。この最新の技術によってサイドウォール構造とCAPデザインを完璧なまでに融合させ、両方の弱点を消去したうえでの良いところを共に合わせ持たせることが可能になりました。


1. SUSPENSION ZONE

ノーズに付いた3Dフロントフラップが衝撃を吸収し、雪面とのコンタクトをキープします。

2. TRACTION ZONE

ビンディングのエリアでは、サイドウォールが衝撃によって起こる振動とショックを吸収すると同時に最大のグリップ力を発揮します。

3. ACCELERATION ZONE

ビンディングエリアからテイルまでシェルがバネのようにパワーを溜め、ターンの終わりやジャンプのテイクオフの時に一気にそのパワーを開放します。

使用モデル

SPEEDSTER RSSILBERPFEIL WIDE GLIDEELIMINATOR LTD SUPER SONICGLIDE FLYERSLANCELOT


 
 
THE LAMINATES 1

V30 quadra-The Inner Revolution

なぜquadraxialと呼ばれるのか?なぜならスノーボードはスキーより幅広く、厚いからです。例えばボードは縦方向と対角方向(トーション)にベントするだけでなくエッジグリップを失わない為に横方向にもベントしなければなりません。それこそが我々のファイバーレイヤーがなぜ30°の角度で強化されているのかという理由です。コンピューターによる計算と実験で縦方向とねじれの硬さの理想的な比率が+/-30°の繊維角度で表れることを発見しました。特にワイドなボードで45°のクラシカルな繊維を使用することは意図しない過激なライディングを簡単に引き起こしてしまうかもしれません。

これらのワイドなボードとナローなボードを同調させる革新的なハイテクレイヤーの‘レシピ’は、ライディングの力学、品質そして軽量化の理想的な結果の上に成り立っています。

V30 quadrax L
ワイドなフリーライドボード用にデザインされたこのタイプのレイヤーで注目した所は、ライディング性能と軽量化(同じ硬さのボードと比べて30%減)のバランスをとることでした。

V30 quadrax-S
このレイヤータイプはトーションファイバーの高い比率のおかげで幅の狭いアルペンボードに完璧な操作性とパワフルなエッジグリップを約束します。

V30 quadrax-Carbon
基本的にV30のコンセプトと同じであるが、ボードがより素早く反応するようにチップからテールにかけて追加のカーボンファイバーをボードの中央部に装備しています。

Triax Laminate
適度なトーションファイバーが入ったクラシカルなラミネイトは、より良いバランスと性能の調和をもたらします。我々は、このラミネートをハイブリットデザインボードに使用しています。

▲TOP << BACK
THE EDGE 2

Hammerhead Edge Profile
F2によって特許申請されている垂直方向の柱とハンマーヘッド状のエッジはまさに革新的なエッジ形式です。これは今までイコールではなかった軽量構造とエッジ抵抗力を統合したラミネートスノーボードの為だけに開発されたものです。

Fathead Edge Profile
ハイブリッドデザインボードに使用される特別に厚く頑丈なエッジ形式です。

Infinitely Looped Edge
全てのF2ボードにはこのワンピースで、10分の1ミリの正確さ(CADにより)でチューンされたエッジが装備されています。このことはF2シリーズの品質向上と共に衝撃に対する抵抗力を最大限に増加させると同時に視覚的にも欠点がないことを保証しています。

▲TOP << BACK
THE CORE 3
コアはボードにとって命や魂のようなものでありライディング性能を決定する要因です。その為我々はこのコアに特別な注意をはらっています。われわれの全てのコアのバリエーションにおいて、我々はnon-stop fibersつまり木の繊維の元々の方向性を切断することのない高品質のウッドだけを使用してます。その結果としてコアそのものによって長い期間弾力性が保たれることになります。

TWIN TORSION CORE
前もって積層されたポプラ材で作られているスプリットコア。両方のコア部分がそれぞれのトーションボックスを形成する事でより良いエッジグリップとすばらしい衝撃吸収を引き出す弾力性に富んだハイブリットシステムと共に安定したコンビネーションが提供されています。

G50-Multilayer-CORE
ブナとポプラ(0.5kg/dm3)材からCNCシェイプされたワンピースのウッドコア、結果は顕著な衝撃吸収性と高弾力性が特徴の
軽量ボードを生み出します。

G40-LIGHTCORE
非常に軽く弾力はあるが硬いブナとアバチ材の複合素材。
エッジの部分はボードの反応を良くする為硬いウッドで補強されています。G50コアよりも訳30%軽量化されています。

G60 DOUGLAS-POWERCORE

カナダのダグラスモミ材からCNCシェイプされるワンピースのウッドコアは、過激なライディング時に極端に素早い反応を示すボードの為のハイパワーな品質を通してその特徴が発揮されるタイプのウッドです。

▲TOP << BACK
THE BASE 4

High Speed F8000 Plasma
再デザインされました。フッソ添加物と一緒にプラズマ処理されたシンタードベースでワックスの含有量を増加させ、乾燥からベースを守ります。最高スピードの可能性。

Isospreed F4000 Corona
透明なシンタードベース、コロナ処理で極端に長い分子構造を持つ。恐ろしく速くそしてサンディング不用。

Isospeed F1000
透明なシンタードベース。たとえワックスを忘れたとしても走り続ける頑丈で便利なベース。

▲TOP << BACK
THE SHELL 5

今回のシェルの技術は下記の点で特徴づけられます。

POWER
今まではレスポンスと反応時間に差があるのが普通であったが硬くなったシェルがパワーを蓄え、ほとんどロスなくそのパワーをエッジに伝えます。

LIGHTWEIGHT
同じような材質と硬さを持ったボードと比べてもCAP構造でデザインされたボードはサイドウォール構造よりも軽くなっています。
硬くなったシェルは、エッジへの有効的なプレッシャーを増し、とても素早い反応と同時にパワーをダイレクトに伝達することを可能にしています。
我々はレスポンスとターン後の最高の加速の両方に集中したボードにこのデザインを使用してます。
もしあなたが適正な価格でより軽いボードが欲しければですが。

▲TOP << BACK
TOP FEATURES 6

FLAP-TECHNOLOGY
F1レーサーのフロントフラップのように!!
ノーズの厚めのセンター部分は、高いプレッシャーとスムースなライディングパフォーマンスを提供します。
カーブした時に柔らかいサイドの部分がバンプを吸収し雪面とのコンタクトをキープし続けます。

TWINFLEX-TCS(Torsion Control System)
フレックスとトーションの硬さを切り離す為のTCSシステムの次の進化のステップです。

TCS構造の幾何学はエッジ沿いのトーションとフレックスの硬さを持たせたうえでボードセンターでのトーションの硬さを特に後ろ足のビンディングの部分で減少させます。
つまり:卓越した運動性能と共に最もスムースなライディング性能とエッジグリップの両方を持ち合わせるのです。

▲TOP << BACK
TUNING

Stone-ground Diamond Structure
さまざまなストラクチャーを試してみて我々は今後冷たい雪の状態に完璧にフィットしかつ際立ったハイスピードを生み出すワックス浸透性を見せる より繊細なストラクチャーであるストーンフィニッシュを使用する事にしました。

Racing Finish
これらのボードは、1°のラビンカットとノーズ回りをを若干落とすビベルエッジを工場生産の時点でほどこした状態で出荷されその結果最高のドリフト性能と共にアイス上でも非常に強いグリップ力を示すようになっています。

Factory Tuning
これらのボードは、0°のラビンカットと1°のビベルエッジが工場出荷の時点でほどこされて出荷されます。ベースはベルトグラインディングで処理され雪上での初日の為にワックスが既にかけられています。

▲TOP << BACK
▲TOP
 

Copyright © WINCKLER&CO.,LTD All right reserved. 【個人情報について