F2   WSLC
PRODUCTS TECHNOLOGY TEAM RIDER ADVERTISING SHOPS CATALOG
NEWS!!

★F2 SNOWBOARD 最新モデルはこちらへ

ソフトかハードか、それはフィロソフィーの問題だ。それを分けるとか一緒にするとか、ソフトかハードかどちらが幸せか憎しみかを決めるとか…もうやめようぜ。どちらもこの世界に存在し、どちらもスノーボードなのさ!その決定が正しくて、ノリが合って、全ての個性とスピリットがOKならばね。人生のようにハードとソフトはどこにでも存在するし、その両方ともこの世界に確固たるポジションを確保しているんだ。君が方向を決めて我々がその為のギアを供給する。一緒にこの世界をもう少し良くしてみないか?我々のR&Dの技術者達は、彼らの玉手箱の奥底まで引っ掻き回して最高のテクノロジーを製品に反映させ、世界中のチームライダー達がテストパイロットとしてブーツ、ボード、ビンディングのテストとその開発を理想的なコンディションで行っています。プロ達によって使用されるボードは製品化されるものと全く同じ物で、それがエンドユーザーのもとへと届けられます。10年以上もの間、Mathieu Bozzettoは誰もがショップで手に入れられるボードで最も成功したライダーの一人と言えます。GIMPL Proは,Stefanが世界で最もタフなコンテストであるBig Airに出場したときに使用しているボードです。F2はスタイルに関係なく全てのチームライダーそして全てのスノーボーダーに同じアドバンテージを供給しているのです。

::::::::::::: 大会結果のお知らせ :::::::::::::

!!!プロツアー速報!!!
PSA - ASIA SPEED GAMES 2004
in ISHIUCHI MARUYAMA AND HAKUBA NORIKURA

先週末より開催されていたPSA-ASIAプロサーキット台3,4戦の速報です。

●3月14日 日曜日 新潟県石打丸山
DUEL
女子
 3位 太田 ゆうき(Board,Binding)
男子
 優勝 !!  戸崎 啓貴(Board,Binding) 
 3位   沖島 健太(Board,Binding)
 4位   鶴岡 剣太郎(Board,Binding)
 (2位はBindingユーザー翠川孝博)

●3月16日 火曜日 白馬乗鞍
GS
女子
 3位   太田 ゆうき(Board,Binding)
男子
 優勝 !!  鶴岡 剣太郎(Board,Binding) 
 2位   戸崎 啓貴(Board,Binding)
 3位   宮尾 一徳(Board)
 (4位はBindingユーザー翠川 孝博)

●03/04 年間ランキングも同時に発表になり
 1位 鶴岡 剣太郎
 2位 戸崎 啓貴
  と言う結果になりました。
  ご声援ありがとうございました。
 

TOYOTA BIG AIR 8th
Stefan Gimpl

2004年2月21日(土)に行われました大会リザルトのお知らせをいたします。
気温3℃。2月の札幌にしては温かい夜。23,000人の観衆が集まりました。
真駒内会場での1位は誰でしょう!?という投票で、1位にステファン・ギンプルが選ばれたものの惜しくも4位という結果になりました。
ステファン・ギンプル 今週のNipponOpenにも参戦予定です。応援お願いいたします。

The 9th KANAGAWA Snowboard Championship
Giant Slalom MEN    Slalom MEN
1.宮尾 一徳   1.戸崎 啓貴
2.戸崎 啓貴   3.鶴岡 剣太郎
3.鶴岡 剣太郎    

FIS WORLDCUP in Sapporo Makomanai

Slalom MEN    Giant Slalom
1. Mathieu Bossetto   1.Mathieu Bossetto

Slalomの日本人1位 → 鶴岡剣太郎(29位)でした。
Giant Slalomの日本人1位 → 戸崎啓貴(30位)でした。

女子PSLでJuliePomagalski優勝!

SPEED GAMES 2004 in HAKUSAN SENA KOGEN

03/04シーズンインとなる記念すべき大会で、F2チーム大活躍!!!

R E S U L T
GS   表彰台を独占!      SL
!優勝! 鶴岡 剣太郎   !優勝! 鶴岡 剣太郎
2位 戸崎 啓貴   3位 戸崎 啓貴
3位 宮尾 一徳      
前日優勝の鶴岡選手が連勝し、戸崎選手も3位に入りました。
鶴岡選手自身、プロ戦初の優勝となり、しかも連日の優勝と、絶好調な滑り出しとなりました。
既に、F2-JAPAN Teamは来季モデルのSLを使用しており、来季のF2-SLのポテンシャルの高さを示しました。 大会の画像はこちらへ