Hanse 342
クリックすると別ウインドウで拡大

 
エクステリアのフォトスライド インテリアのフォトスライド
ハンゼファミリーの中で最も若いメンバーのHANSE 342がデビュー。多くの新鮮な考えを備えた現代的で軽快なヨットHanse342は、単に現行モデルであった341を改造しただけではありません。
その新しい姉妹は、進化のプロセスを通り抜け開発の段階で多くのアイデアを出し、ハンゼ艦隊の古典的ライン及び上品さは保持されつつも、よりモダンな艇に仕上がっています。最も顕著な変更点の1つにバウラインの変更が上げられます。ユーデル・フローリックとのコラボレーションによって与えられたより長い水線長はより良いアップウインド性能を約束してくれることでしょう。そして、コクピットもニュールックスでスポーティーになり、軽快な動きにも十分対応できるよう考えられています。さらに、ハルとデッキとのコネクション部や新しく開発された革新的なトーレイルなど全てが刺激的に感じられます。
内装にも2つの異なる設計バージョンが準備されています。1つは「クラシック・ニューイングランド・スタイル」で最もポピュラーです。そして、もう1つには「モダン・マフォガニー・スタイル」で、きっと興味を持たれることでしょう。
 
インテリアデザイン
インテリアデザイン
インテリアデザイン
342
Length Over All 10.35m
34'
Length Waterline 9.20m
Beam Over All 3.40m
Draft 1.85m
Displacement ca.5,100kg
Keel ca.1,660kg
Height of saloon 1.92m
Mainsail 33.50m2
Self tacking jib 21.00m2
Mast length over WL 16.05m
Engine Yanmar 3YM20
21hp/15.3kw
Fuel capacity 80 L
Water capacity 240 L

仕様内容に関しましては、予告なく変更される場合もあります。


Hanse342 ニュースターンセクション
トランサム標準仕様はオープンタイプとなります。
写真中央のフォールドダウン・プラットフォームは、オプションとなります。(2005・11・15)