HANSE 531 461 にエポキシ樹脂使用!
画像をクリックすると拡大します
 

Hanse社は、これまで非常に進歩的な工法でヨット建造に携わり、常にリーダーシップを取ってきました。

 
 

今まで高価なエポキシ樹脂および先端技術のファイバー素材を取り入れられたヨットは、1回限りのレース用ヨットやあるいは、特別にリクエストされた言わばカスタム・ヨットにしか使用されていませんでした。しかし、軽量で速く、浸透無く、通常使用されているポリエステル樹脂より約40%の重量が軽減され、硬く強いという利点を体験できるようになったのです。

プレミアム・エポキシ樹脂は、高価で樹脂と硬化剤との正確な攪拌が重要なポイントとなります。Hanse社では、新たに空調設備を整え、真空バキューム工法のハル製造によって生産されます。

 
 

461や531のような大型艇では重量の軽減がより良い航海の特質を保証し、またエアーコンディショナーや大容量の清水タンク、ジェネレーターなどの不可重量に対しても多くの重量を節約され、快適な居住性と帆走性能をもたらしてくれます。